お国言葉混じりの風俗プレイがたまらない

お国言葉混じりの風俗プレイがたまらない

投稿日:2015年2月10日 カテゴリ:衝撃の風俗体験談

出張では、ほぼ毎度必ずといっていいほどデリ嬢を宿泊先に呼んでいます。女の子と遊べるのが楽しくてたまらないんですよ。その土地柄によって女の子の質や、方言なんかもあったりして、違いを楽しむ。これがいいんですよ。特に、デリ嬢が裸になるときや、シャワーを浴びるときからプレイにうつるときに方言が出るのが、たまらなくいいのです。新鮮さと可愛らしさをこういうのに、感じてしまう。出張の疲れが一気に吹き飛ぶ瞬間です。先日もデリ嬢を呼びました。関西出身の風俗嬢だったのですが心底明るいというか、話し上手でノリがいいですね。フェラも、飴を舐める感覚。良い意味で。上手いのですよね。その風俗嬢は、上品で洗練されていて、でも関西弁がある、というのが、たまらなく嬉しいところ。喘ぎ声にも関西弁が混じってくるのが可愛いです。プレイ前後の普通の会話でも、関西弁で丁寧に対応してくれると、また指名してもいい?って聞きたくなってしまう。おじさんはN美ちゃんの名刺を大事に持ち帰りましたよ。N美ちゃん、またおじさんの相手してね。